舌の病気 ぶつぶつ・しびれのことなら!

舌の大きな役割

舌の大きな役割は味覚を感じる機能ですが、そのほかにも舌は消化を助けたり、話すときにも重要な役割を果たしています。そんな大事な舌の病気を見てみましょう。まず、「舌苔」(ぜったい)は舌の表面に白っぽい苔のようなものが付く病気です。白っぽい苔のようなものの正体は、細菌や食べカス、死んだ白血球などです。舌苔は口臭の原因になります。

「舌痛症」(ぜっつうしょう)は、舌に傷や口内炎、潰瘍などの異常がみられないのに、舌がピリピリと痛む症状名です。「溝状舌」(こうじょうぜつ)は、舌の表面に多数の溝がみられるものです。自覚症状がなく、多くは味覚も異常がありません。しかし、溝が不潔になりやすいため、炎症を起こして、痛みや軽度の味覚異常を訴える場合があります。

「白板症」(はくばんしょう)、「紅板症」(こうはんしょう)は、舌などに白色で、やや盛り上がった病変や、紅色(赤色)の、境界がはっきりした病変が出るものです。そのまま放置しておくと、ガンになりやすい言われています。舌にこのような病変を発見した場合は、設備の充実した病院で検査を受けることをおすすめします。黒毛舌(こくもうぜつ)は、舌に毛が生えているように見える症状で、これは糸状乳頭が異常に長くなるものです。黒毛舌は特段、治療は必要ありませんが、舌をいつも清潔にしておくようにしましょう。

味覚障害は、「味がよくわからない」、「口の中が苦い」など味覚の異常を訴えるものです。味覚障害の患者の数は年々増加しているといわれます。味覚障害の症状の主なものとしては、1.味が鈍い(味覚減退)、2. まったく味がしない(味覚消失)、3. 口の中に何も入っていないのに味を感じる(自発性異常味覚)の3つがあります。「舌がん」は口の中にできるがんでは最も多いがんです。舌がんは95%以上が舌の側縁にできて、舌の中央部にできるのはまれです。初期の舌がんはアフタ性口内炎とまちがえられやすく、放置していると進行がんになってしまいます。舌がんには、表面に薄く広がるタイプ、深部に向かって腫瘤(しゅりゅう)ができるタイプ、潰瘍が深部に浸潤(しんじゅん)するタイプがあります。


RSS関連リンク
舌の病気の写真について
実際に舌の病気の写真を見てみると黒いはん点や白いぶつぶつなどの症状が出ています。 ペットや動物の舌なども病気になったりもします。 症状は人間の舌の病気とほとんどおなじでした、痛みやしびれが続くと思うのですが、 赤く腫れる症状が出る前に病院 ...

子供の病気の症状とは
子供が病気の症状の吐き気だったり舌の病気で舌のぶつぶつとか腫瘍があったばあいスグに病院に連れて行くことをお勧めします。 気管支炎とか頭痛や水疱瘡などから熱がでたり高熱が続く症状があるので電話相談や病院で検査をするのが大事だと思います。 ...
舌の病気を治療する | 舌の病気