舌の病気 ぶつぶつ・しびれのことなら!

舌と味覚

の大きな役割は味覚を感じることです。そのほか、舌は食べたり話したりする時や食べ物の消化を助けるなど舌には重要な役割があります。舌の病気を見てみると、「舌苔」(ぜったい)は白い苔のようなものが舌の表面につく病気で、食べカスや細菌、白血球の死がいなどがその正体です。舌苔は口臭の原因になるので、歯を磨く時には一緒に舌も磨くようにすると口臭を予防できます。ただし、舌の磨き過ぎには注意が必要です。

「舌痛症」(ぜっつうしょう)は、舌に傷や口内炎、潰瘍などの異常がみられないのに、舌がピリピリと痛む症状名です。「溝状舌」(こうじょうぜつ)は、舌の表面に多数の溝がみられるものです。自覚症状がなく、多くは味覚も異常がありません。しかし、溝が不潔になりやすいため、炎症を起こして、痛みや軽度の味覚異常を訴える場合があります。

「白板症」(はくばんしょう)、「紅板症」(こうはんしょう)は、舌などに白色で、ザラザラして、少し盛り上がった病変や、紅色(赤色)の、境界がハッキリした病変が現れる症状です。これらはガンに移行する可能性が高いと言われています。舌にこのような異常が現れた場合は、設備の十分整った病院で検査を受ける必要があります。黒毛舌(こくもうぜつ)は、舌の糸状乳頭が異常に長くなり、見た感じが毛が生えているように見えることからこの名前がつけられました。この黒毛舌は中年期以降の年代に多い症状で、治療は特に必要有りませんが、不潔になりがちですので、舌をいつも清潔にしておきましょう。

味覚障害は、「味がはっきりわからない」、「口の中が苦い」など味覚異常のことをいいます。味覚障害の患者は毎年増加しているといわれます。味覚障害の症状として主なものは、1.味を感じるのが鈍い、2. 全然味がしない、3.口の中に何もないのに味を感じる、の3つです。舌がんは口腔がんの半分を占め、口の中で最も発生率の高いがんです。ちなみに口腔がんは体全体のがんの約2?4%の割合となっています。「舌がん」は、95%以上が舌の側縁(横側)にできます。初期の舌がんはアフタ性口内炎と間違えられやすく、そのまま放置していると進行がんになってしまいます。しかし、舌がんは早期治療なら90%は治るがんです。


RSS関連リンク
舌の病気が治る病院とは
県立病院から大学病院ほかに専門病院など舌の病気を診察してくれる病院はたくさんあります。 癌になってからでは遅いので保険には早めに入っておいたほうがいいと思います。 そうすれば舌が赤く腫れて病気になったとしても入院費などは保険会社が出して ...

舌の病気の症状とは
舌の病気のぶつぶつや白い膿みないな症状が原因で口臭の原因となります。 口臭がきついと虫歯になりやすい症状になる恐れがあります。 口臭がきつくなったら歯科に行って歯を検査してもらうことをお勧めいたします。 歯の黒いはん点や黒い虫歯などがある ...
舌の病気を治療する | 舌の病気