舌の病気 ぶつぶつ・しびれのことなら!

舌の機能

舌の大きな役割は味覚を感じることです。そのほか、舌は食べたり話したりする時や食べ物の消化を助けるなど舌には重要な役割があります。舌の病気を見てみると、「舌苔」(ぜったい)は白い苔のようなものが舌の表面につく病気で、食べカスや細菌、白血球の死がいなどがその正体です。舌苔は口臭の原因になるので、歯を磨く時には一緒に舌も磨くようにすると口臭を予防できます。ただし、舌の磨き過ぎには注意が必要です。

「舌痛症」(ぜっつうしょう)は、読んで字のごとく、が痛くなる病気です。外見的には特に異常がないにもかかわらず、舌がピリピリと痛み、特に舌の先が痛むことが多く、舌全体が痛むケースもあるようです。「溝状舌」(こうじょうぜつ)は、舌の表面に多数の溝がみられる状態をいいます。ほとんど症状は伴いませんが、溝の内部が不潔になりやすく、そのため炎症が起こり、舌に痛みや味覚に異常を来すことがあります。

「白板症」(はくばんしょう)、「紅板症」(こうはんしょう)は、舌などに白色で、ザラザラして、少し盛り上がった病変や、紅色(赤色)の、境界がハッキリした病変が現れる症状です。これらはガンに移行する可能性が高いと言われています。舌にこのような異常が現れた場合は、設備の十分整った病院で検査を受ける必要があります。黒毛舌(こくもうぜつ)は、舌の糸状乳頭が異常に長くなり、見た感じが毛が生えているように見えることからこの名前がつけられました。この黒毛舌は中年期以降の年代に多い症状で、治療は特に必要有りませんが、不潔になりがちですので、舌をいつも清潔にしておきましょう。

味覚障害は、「味がどうもよくわからない」、「口の中が苦く感じる」など味覚の異常が現れる症状です。味覚障害の人は年々増えています。味覚障害の主な症状としては、1.味覚が減退する、2. 味覚が消失する、3. 何も口の中に入れてないのに味を感じる、の3つがあげられます。「舌がん」は口腔がんのうち最も多いがんです。舌がんの9割以上が舌の横側に発生し、舌の中央部分にできるのは稀といわれます。初期の舌がんは口内炎(アフタ性)とまちがえやすく、そのままにしていると進行がんになってしまいます。舌がんは、早期発見、早期治療で9割は治るがんです。


RSS関連リンク
舌炎
舌炎とは、舌の病気のことなのですが、舌に炎症が起きることによって様々な症状がひき起こる病気になります。 舌炎の症状は、舌に赤い発疹、腫れ、舌の痛みなどが挙げられ、口臭の原因になることもあります。また酷い症状の場合は味覚障害、食事を摂る ...

健康情報/舌
メルクマニュアル家庭版, 舌の病気 110 章 唇と舌の病気 http://mmh.banyu.co.jp/mmhe2j/sec08/ch110/ch110c.html 外傷: 舌に最も多く不快感を引き起こすのは、外傷性創傷です。舌には、痛覚と触覚の 神経の末端が数多く集まっているため、舌は体の大部分 ...
舌の病気を治療する | 舌の病気