舌の病気 ぶつぶつ・しびれのことなら!

舌の大きな役割

舌の大きな役割は味覚を感じる機能ですが、そのほかにも舌は消化を助けたり、話すときにも重要な役割を果たしています。そんな大事な舌の病気を見てみましょう。まず、「舌苔」(ぜったい)は舌の表面に白っぽい苔のようなものが付く病気です。白っぽい苔のようなものの正体は、細菌や食べカス、死んだ白血球などです。舌苔は口臭の原因になります。

「舌痛症」(ぜっつうしょう)は、舌に傷や口内炎、潰瘍などの異常がみられないのに、舌がピリピリと痛む症状名です。「溝状舌」(こうじょうぜつ)は、舌の表面に多数の溝がみられるものです。自覚症状がなく、多くは味覚も異常がありません。しかし、溝が不潔になりやすいため、炎症を起こして、痛みや軽度の味覚異常を訴える場合があります。

「白板症」(はくばんしょう)、「紅板症」(こうはんしょう)は、舌などに白色で、やや盛り上がった病変や、紅色(赤色)の、境界がはっきりした病変が出るものです。そのまま放置しておくと、ガンになりやすい言われています。舌にこのような病変を発見した場合は、設備の充実した病院で検査を受けることをおすすめします。黒毛舌(こくもうぜつ)は、舌に毛が生えているように見える症状で、これは糸状乳頭が異常に長くなるものです。黒毛舌は特段、治療は必要ありませんが、舌をいつも清潔にしておくようにしましょう。

味覚障害は、「味がよくわからない」、「口の中が苦い」など味覚の異常を訴えるものです。味覚障害の患者の数は年々増加しているといわれます。味覚障害の症状の主なものとしては、1.味が鈍い(味覚減退)、2. まったく味がしない(味覚消失)、3. 口の中に何も入っていないのに味を感じる(自発性異常味覚)の3つがあります。「舌がん」は口の中にできるがんでは最も多いがんです。舌がんは95%以上が舌の側縁にできて、舌の中央部にできるのはまれです。初期の舌がんはアフタ性口内炎とまちがえられやすく、放置していると進行がんになってしまいます。舌がんには、表面に薄く広がるタイプ、深部に向かって腫瘤(しゅりゅう)ができるタイプ、潰瘍が深部に浸潤(しんじゅん)するタイプがあります。


RSS関連リンク
舌の病気の写真について
実際に舌の病気の写真を見てみると黒いはん点や白いぶつぶつなどの症状が出ています。 ペットや動物の舌なども病気になったりもします。 症状は人間の舌の病気とほとんどおなじでした、痛みやしびれが続くと思うのですが、 赤く腫れる症状が出る前に病院 ...

子供の病気の症状とは
子供が病気の症状の吐き気だったり舌の病気で舌のぶつぶつとか腫瘍があったばあいスグに病院に連れて行くことをお勧めします。 気管支炎とか頭痛や水疱瘡などから熱がでたり高熱が続く症状があるので電話相談や病院で検査をするのが大事だと思います。 ...
舌の病気を治療する | 舌の病気

舌と味覚

の大きな役割は味覚を感じることです。そのほか、舌は食べたり話したりする時や食べ物の消化を助けるなど舌には重要な役割があります。舌の病気を見てみると、「舌苔」(ぜったい)は白い苔のようなものが舌の表面につく病気で、食べカスや細菌、白血球の死がいなどがその正体です。舌苔は口臭の原因になるので、歯を磨く時には一緒に舌も磨くようにすると口臭を予防できます。ただし、舌の磨き過ぎには注意が必要です。

「舌痛症」(ぜっつうしょう)は、舌に傷や口内炎、潰瘍などの異常がみられないのに、舌がピリピリと痛む症状名です。「溝状舌」(こうじょうぜつ)は、舌の表面に多数の溝がみられるものです。自覚症状がなく、多くは味覚も異常がありません。しかし、溝が不潔になりやすいため、炎症を起こして、痛みや軽度の味覚異常を訴える場合があります。

「白板症」(はくばんしょう)、「紅板症」(こうはんしょう)は、舌などに白色で、ザラザラして、少し盛り上がった病変や、紅色(赤色)の、境界がハッキリした病変が現れる症状です。これらはガンに移行する可能性が高いと言われています。舌にこのような異常が現れた場合は、設備の十分整った病院で検査を受ける必要があります。黒毛舌(こくもうぜつ)は、舌の糸状乳頭が異常に長くなり、見た感じが毛が生えているように見えることからこの名前がつけられました。この黒毛舌は中年期以降の年代に多い症状で、治療は特に必要有りませんが、不潔になりがちですので、舌をいつも清潔にしておきましょう。

味覚障害は、「味がはっきりわからない」、「口の中が苦い」など味覚異常のことをいいます。味覚障害の患者は毎年増加しているといわれます。味覚障害の症状として主なものは、1.味を感じるのが鈍い、2. 全然味がしない、3.口の中に何もないのに味を感じる、の3つです。舌がんは口腔がんの半分を占め、口の中で最も発生率の高いがんです。ちなみに口腔がんは体全体のがんの約2?4%の割合となっています。「舌がん」は、95%以上が舌の側縁(横側)にできます。初期の舌がんはアフタ性口内炎と間違えられやすく、そのまま放置していると進行がんになってしまいます。しかし、舌がんは早期治療なら90%は治るがんです。


RSS関連リンク
舌の病気が治る病院とは
県立病院から大学病院ほかに専門病院など舌の病気を診察してくれる病院はたくさんあります。 癌になってからでは遅いので保険には早めに入っておいたほうがいいと思います。 そうすれば舌が赤く腫れて病気になったとしても入院費などは保険会社が出して ...

舌の病気の症状とは
舌の病気のぶつぶつや白い膿みないな症状が原因で口臭の原因となります。 口臭がきついと虫歯になりやすい症状になる恐れがあります。 口臭がきつくなったら歯科に行って歯を検査してもらうことをお勧めいたします。 歯の黒いはん点や黒い虫歯などがある ...
舌の病気を治療する | 舌の病気

舌の機能

舌の大きな役割は味覚を感じることです。そのほか、舌は食べたり話したりする時や食べ物の消化を助けるなど舌には重要な役割があります。舌の病気を見てみると、「舌苔」(ぜったい)は白い苔のようなものが舌の表面につく病気で、食べカスや細菌、白血球の死がいなどがその正体です。舌苔は口臭の原因になるので、歯を磨く時には一緒に舌も磨くようにすると口臭を予防できます。ただし、舌の磨き過ぎには注意が必要です。

「舌痛症」(ぜっつうしょう)は、読んで字のごとく、が痛くなる病気です。外見的には特に異常がないにもかかわらず、舌がピリピリと痛み、特に舌の先が痛むことが多く、舌全体が痛むケースもあるようです。「溝状舌」(こうじょうぜつ)は、舌の表面に多数の溝がみられる状態をいいます。ほとんど症状は伴いませんが、溝の内部が不潔になりやすく、そのため炎症が起こり、舌に痛みや味覚に異常を来すことがあります。

「白板症」(はくばんしょう)、「紅板症」(こうはんしょう)は、舌などに白色で、ザラザラして、少し盛り上がった病変や、紅色(赤色)の、境界がハッキリした病変が現れる症状です。これらはガンに移行する可能性が高いと言われています。舌にこのような異常が現れた場合は、設備の十分整った病院で検査を受ける必要があります。黒毛舌(こくもうぜつ)は、舌の糸状乳頭が異常に長くなり、見た感じが毛が生えているように見えることからこの名前がつけられました。この黒毛舌は中年期以降の年代に多い症状で、治療は特に必要有りませんが、不潔になりがちですので、舌をいつも清潔にしておきましょう。

味覚障害は、「味がどうもよくわからない」、「口の中が苦く感じる」など味覚の異常が現れる症状です。味覚障害の人は年々増えています。味覚障害の主な症状としては、1.味覚が減退する、2. 味覚が消失する、3. 何も口の中に入れてないのに味を感じる、の3つがあげられます。「舌がん」は口腔がんのうち最も多いがんです。舌がんの9割以上が舌の横側に発生し、舌の中央部分にできるのは稀といわれます。初期の舌がんは口内炎(アフタ性)とまちがえやすく、そのままにしていると進行がんになってしまいます。舌がんは、早期発見、早期治療で9割は治るがんです。


RSS関連リンク
舌炎
舌炎とは、舌の病気のことなのですが、舌に炎症が起きることによって様々な症状がひき起こる病気になります。 舌炎の症状は、舌に赤い発疹、腫れ、舌の痛みなどが挙げられ、口臭の原因になることもあります。また酷い症状の場合は味覚障害、食事を摂る ...

健康情報/舌
メルクマニュアル家庭版, 舌の病気 110 章 唇と舌の病気 http://mmh.banyu.co.jp/mmhe2j/sec08/ch110/ch110c.html 外傷: 舌に最も多く不快感を引き起こすのは、外傷性創傷です。舌には、痛覚と触覚の 神経の末端が数多く集まっているため、舌は体の大部分 ...
舌の病気を治療する | 舌の病気